My book published


on April 25th, 2008.


 You can buy it through


 amazon etc internet.



2008年4月25日


全国丸善取り扱い書店


で初の私の本が顔見世


ネット販売でもどうぞ

 

2010年9月このサイトを更新

Google で鈴木弥栄男を検索した

状態になります。


丸善・日本橋店 国際法コーナー・4月27日

International Law Corner at MARUZEN Book Store

八重洲ブックセンター 

国際法コーナー

4月27日(左)、6月20日(右)

International Law Corner at YAESU Book Center


  This book belongs out of common sense.

 

  General people does not have much less interest in this book

  after hearing only the Constitution.

 

  Many people wants to complain, what parts of constitution  is affected our daily life?


  The cover design of this is very soft image,  but the title is very stiff one.


  Which category of this book is legal specialized book

  or language-related book because of tri-lingual?


  We, Japanese, has a little knowledge on Portugal such as

  bringing shotguns and coming missionary of Christianity

  by Portuguese, and we do not recognize that they are the first visitors

  to Japan.


  On the contrary, we want to visit easily Portugal  without real journey by plane.


  Portugal is a unique country to have changed the world

  in any turning point in the world.  

 

  You may interpret that Portuguese had could to change the world

  and is continuing changing it globaly through or with the nice The Constitution.

 

  Though many professors of university legal-specialized matters

  seem to be trying to evade original sources, I should try to open foolishly it.

従来の常識から外れた本。


普通のひとは憲法と聞いただけで興味

湧かない。


ましてポルトガルの憲法がどうなの

と言いたくなる。

 

 表紙のデザインは柔らかいのに、題名

  は、お堅い。

 

 法律専門書なの、いや対訳だから外国

  語勉強の本かな。

 

 鉄砲やキリスト教の伝来でポルトガル

  を知っている位だが、

  西洋の最初の訪問  者とは多くは認識

  していない。

 

  今度は逆に旅行せずに訪問をしたい。

 世界の歴史を変えてきた国なのです。

 

  その憲法からなぜそうできたのか読み

  取るはず。

 

 法律専門の大学教授なら敢えて原語を

  載せないのが普通ですが、

  好学のために大公開しています。

三省堂有楽町店・国際法コーナー・5月9日

SANSEIDO/YURAKUCHO-Book Store

紀伊国屋新宿店・語学コーナー・5月11日

KINOKUNIYA Book Store on May 11

Correction; com ingres => em ingles

     My book became a collection in total 40 public Libraries including Ohsaka-, Chiba-, Shiga-, Okayama-, Kagawa- , Tokushima-, Tottori-,

    Yamanashi-, Saga-, Aichi-, Shizuoka-, and so on, total 20 Prefecture's Libraries, and 9 Munincipal's Library, and  2 other libraries, and

    National Organizations including Library(NDL), Institution(NII) and JETRO.

     Tokyo University Legal Faculty, Tokyo University Foreign Studies, Osaka-, Nagoya-, Kyushu-, Yokohama National-, Keiogijuku-, Waseda-, 

    Rikkyo-, KantoGakuin-, Hakuou-Universities and so on, total 37 University Libraries  have collected books in there.  

     National Diet Library became collection books at beggining of August, 2008 following to ISBN-rule in Japan.

     I added a copy of letter to this page, from Mr.Satoshi Hara, the ambassador in Portugal, on June 17, 2008, that he received

    my presented book and  thanks to me.

     I added again a copy of letter to this page, from Mr.Genjiro Ito, a visiting proffesor in Lisbon Industrial University and a professor

    in Kantogakuin University and a president of Kamakurasyunjyu publisher, of that he had a good feeling to read this book 

    in order to understand more with regard to Portugal in future study.     

                updated on June 243h, 2011 after published about one year.

 

 (公立):1大阪、2千葉、3滋賀、4岡山、5香川、6徳島、7鳥取、8山梨、9佐賀、10愛知、11東京、12静岡、13栃木、14茨城

        15埼玉、16岐阜、17福井、18兵庫、19山口、20長崎、と20もの県立&都立&府立の図書館、1高槻、2さいたま、

    3町田、4府中、5横浜、6名古屋、7豊田、8大阪 9福岡市総合 10柏 11三島 と11市立図書館、1杉並区、2江東区、3江戸川区 

    4豊島区、5足立区の5区立図書館の蔵書となり、

    更に1国立国会図書館、2国立情報研究所、3JETROと3国立機関にもあり、合計40もの公立図書館で閲覧が可能に

        なっています。

(大学):1東京大学法学部、2東京外語大、3大阪大箕面分館、4九州大大学院、5名古屋大法学部、6横浜国大 7首都大学(旧東京都立大学)

    1慶應大三田2冊、2早稲田大、3上智大学、4中央大、5立教大学ラテンアメリカ研、6青山学院大、7法政大、8日大法学部、9学習院大、

    10国学院大、11明治学院大、12白鴎大大分分館、13東海大代々木、14立正大、15国士舘大、16亜細亜大、17創価大、18帝京大、

    19神奈川大2冊、20関東学院大、21関西外語大、22関西学院大、23近畿大、24大阪法経大、25京都産業大、26北星学園大、

    27熊本学園大、28九州国際学園大、29専修大、30独協大 と

    6国立大学と1公立大学、30私立大学付属図書館と、合計37の大学図書館で41冊蔵書になっている模様です。

    (上記大学付属図書館蔵書状況 Webcat Plusを参照。慶應大学と早稲田大学はそこに載っていません)

・母校の横浜国大付属図書館の卒業生著作物コーナーにも置いてあります。

・国立国会図書館はISBNの規定に従い謹呈され、8月初めに登録され蔵書になりました。更に憲法調査部など 二部門で購入済と

 国会図書館勤務の共訳者から聞いています。     

・6月23日に、原 聰・在ポルトガル日本大使から、謹呈した本を受領されたお礼のお手紙を頂きました。ページの最下段に

  掲載をしました。

月1日に、リスボン工科大客員教授、関東学院大教授、かまくら春秋社社長の伊藤玄二郎様から頂いたお手紙をご紹介します。  

    2011年7月23日 更新(37大学図書館、40公立図書館と合計77図書館の蔵書に、発売約3年後81冊になりました)

上の緑をクリック

するとグーグルへ

上の赤をクリック

するとヤフーへ

 アマゾン 憲法分野の売れ筋ランクの保存版「対訳ポルトガル憲法」の24位最高位 全書籍中 99356位 2008/9/21現在

公立図書館の蔵書状況 12/28現在

 

大学付属図書館蔵書最新状況 Webcat Plus国立情報学研究所が行っているサービスである。

 

  国立6/86=7% 公立1/75=1% 私立30/593=5% 合計37/754=5%に所蔵中(4/24現在) 

   

(参考)亡き父、法律家・鈴木勇・著書の大学図書館蔵書状況;「民刑新証拠論」大學書房発行・1950年(私5歳)

 本書が大学図書館(図書委員会など)で、同類書の中でどれほど

 に評価されているのかを、Webcat Plusを利用して探ってみた。

  最新ランク87位 発売後約2年経過・2010年2月14日 (My book's latest Rank is 87th during 2007-2008 published 87th in constitution field,updated 
嬉しい便りを読者から頂きました。発売後1年以上経過しているのに・・・。

 論文に引用されています!「EU各国における兵役義務・非軍事的代替役務義務」2010年9月

 また、国会図書館所蔵の拙書が数日間使用されているのを知りました。嬉しい! 2010年8月